廣告載入中

一軒家丸ごと壊す【今年も夜10時から】名店から銭湯まで“4つの閉店”解体物語 221228

一軒家丸ごと壊す【今年も夜10時から】名店から銭湯まで“4つの閉店”解体物語

2022年12月28日放送 20221228

【番組内容】

【第3弾】2022年…地元で愛される行列店にもかかわらず閉店を選んだ老舗の“最後の1日”に密着。なぜ閉店し、愛着ある建物を解体するのか?そこには時代の変化が…。

【老夫婦が営む天ぷら蕎麦の店】  埼玉県川口にある86歳の店主が妻と夫婦2人3脚で営んできた、蕎麦の名店・川口「砂場」。名物は特大エビ天がのった天せいろ…ここは行列ができる蕎麦屋。今年10月に創業から60年を迎えた老舗が、その節目の年に閉店することに決めた。その理由は「自慢の女房のため」一体どういうことなのか?老夫婦が奮闘する“最後の1日”に密着した。

【生粋の江戸っ子から外国人まで集う名店】  東京の玄関口・八重洲で創業75年の鰻「はし本」。土地柄、日本全国から食通が足を運んできた名店中の名店。最後の1日に密着すると、うなぎを食べる文化がない海外からの客の舌をも唸らせていた。店の4代目は、一度は音楽の道に進むも、老舗の跡取りとして代々続く「タレ」を引き継ぐため厨房に立つことに決めた。そんな店をなぜ閉店し解体することになったのか?

【駒込で有名な頑固オヤジの銭湯】  地元で65年「殿上湯」は、富士山の壁画が自慢の昔ながらの趣ある銭湯。切り盛りするのは、地域の子ども達を見守って来た“保護司”でもある76歳の頑固オヤジ。若者の未来のため、時には厳しく接し、銭湯に誘っては人生を説いてきた。閉店の日には、立派に成長したかつての子どもたちの姿も。そんな愛着ある銭湯を解体するのは、時代の流れを映し出す、ある理由があった。

【15席ほどの小さな名店】  目黒・祐天寺にある昭和32年創業の“町中華”。女将はなんと91歳。店の創業者であるご主人を亡くして以降、息子さんとともに大切な暖簾を守って来た。そんな町中華の閉店の1日には、長蛇の行列ができていた。「人気がなくなり閉店するのではない…自らの意思で店を閉じるんだ」名店の閉店・解体には、創業時、65年前に交わしたある約束が関係していた。

【出演者】

【見届け人】  山里亮太(南海キャンディーズ)  谷まりあ    【ナレーター】  貫地谷しほり

廣告載入中

↘ 集數選擇 Pick an Episode in《》

  • 抱歉!暫時沒有相關的集數!

▶ 回應/評論 Facebook comment