廣告載入中

SOURCE 2

アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋 第10話 200910

[終]アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋 第11話【石原さとみ】
2020年9月24日放送 20200924

【番組内容】
[最終回、2年後の新たな境地]みどりは産婦人科の薬剤師として働いていた。薬剤部に何があったか?そして、今救うべき“新しい命"。全ては患者の未来へ繋ぐ絆

葵みどり(石原さとみ)が瀬野章吾(田中圭)の承認を得て抗がん剤治験薬の投与を始めてから2年が経過した。その頃、みどりは萬津産婦人科医院で働いていた。そこに小野塚綾(成田凌)が訪ねて来る。喫茶店に行くと、小野塚は萬津総合病院薬剤部に簑島心春(穂志もえか)が研修に来ていることなどをみどりに話す。瀬野が不在なので自分が救急薬剤師を任されていると話す小野塚に、みどりの顔が曇る。みどりは瀬野に行った治験薬の

投与に責任を感じていたのだ。小野塚は萬津総合病院に戻って来るよう促すが、みどりは今の仕事が大事だと断る。 みどりが病院に戻ると、妊娠35週目の向坂千歳(土村芳)が家でお腹を打って倒れたと、母の世津子(朝加真由美)に連れて来られていた。幸い母子ともに大事はなかったが、てんかんの既住を持つ千歳が立ちくらみで転倒したと聞いたみどりは、抗てんかん薬をきちんと服用しているかと尋ねる。

千歳と世津子は服用していたと答えた。萬津産婦人科医院の常勤医師は、道場健太郎(前原滉)。道場は、てんかん合併の妊婦を小さな産婦人科で診ることに自信がない。みどりは、スタッフは道場を信じていると励ます。入院した千歳はこっそり抗てんかん薬を捨てた。それを同室の星名優(入山法子)が見てしまう。しかし、服薬を確認するみどりに、千歳は飲んでいるとうそをついて…。

【出演者】
石原さとみ、西野七瀬、成田凌、桜井ユキ、井之脇海、金澤美穂/真矢ミキ/迫田孝也、池田鉄洋、でんでん、田中圭 他

廣告載入中

↘ 集數選擇 Pick an Episode in《

▶ 回應/評論 Facebook comment