廣告載入中

SOURCE 2

アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋 第6話 200820

アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋 第6話【石原さとみ】
2020年8月20日放送 20200820

【番組内容】
[患者の嘘が意味するもの]腹痛の患者が運び込まれ、処置をするがその患者には“薬が効かない"。なぜ、薬が効かないのか。現代医療を襲う脅威が今明らかに。

葵みどり(石原さとみ)らが区民センターで「高齢者のための服薬指導教室」を行った帰り、パッチワーク教室にいる小川早苗(高林由紀子)に気付く。すると早苗はその場でふらつき、倒れてしまう。早苗は、萬津総合病院に搬送され入院。みどりが、現在飲んでいる薬があるのか聞くと、なにも飲んでいないと答える。その後、処方された薬を指示通りに飲む早苗だが、一向に体調が良くならない。

悩むみどりに薬剤部・副部長の七尾拓(池田鉄洋)は、早苗が「多剤耐性菌」(抗生剤を使用しすぎることにより、多くの抗菌薬〈抗生物質〉に耐性を獲得した菌)を持っている可能性を疑う。しかし「多剤耐性菌」は医師から処方されている抗生剤がなければならないはず。みどりは早苗が倒れる前に飲んでいた薬が本当になかったのかを確かめる。 一方、生理痛がひどく、萬津総合病院の外来にやって来た遠野倫(山谷花純)。

薬剤部主任の刈谷奈緒子(桜井ユキ)の指示で、相原くるみ(西野七瀬)は倫を相手に、初めて1人で服薬指導をすることに。倫はくるみの服薬指導通りに薬を飲んで生活するも、体調が改善しない。それどころか、激しい腹痛に襲われ、入院することになってしまい、刈谷はみどりに、やはりくるみと一緒に付いてほしいと提案する。しかし、責任を感じたくるみは自分に任せてほしいと懇願する。

【出演者】
石原さとみ、西野七瀬、成田凌、桜井ユキ、井之脇海、金澤美穂/真矢ミキ/迫田孝也、池田鉄洋、でんでん、田中圭 他

廣告載入中

↘ 集數選擇 Pick an Episode in《

▶ 回應/評論 Facebook comment